Latest Tweets:

"ラブライバー四天王がジャラジャラつけているラブライブグッズが「全部非公式の同人グッズだからラブライブには一切貢献していない」という情報を聞いて 爆笑している"

ねおらー30さんはTwitterを使っています (via mesotabi)

(via katoyuu)

catsbeaversandducks:

"… and now we are going to have a "Meet & Greet" so you can see your classroom and find out some of the things we are going to be learning this year. Come with me, kids!"
Photo via awwww-cute

catsbeaversandducks:

"… and now we are going to have a "Meet & Greet" so you can see your classroom and find out some of the things we are going to be learning this year. Come with me, kids!"

Photo via awwww-cute

(via ultramarine)

"日本の徳川幕府が、鎖国に際し、欧州諸国の中で唯一の取引相手として、植民地野心が強いスペインなどではなく、領土野心の少ない貿易共和国のオランダを選んだのは、徳川家が世界情勢をかなり理解していたことを示している。"

覇権の起源 (via hisaruki, proto-jp) (via quote-over100notes-jp) (via technerd-org) (via highspeedturbine) (via tofuist) (via kouyoujisi) (via yellowblog) (via bgnori) (via genngakki) (via jun26) (via kamma-jp) (via nobw2001) (via squarejewel) (via ultramarine)

"一人暮らしで友人知人いなくて、血縁地縁もまったくない人が突然入院しても大丈夫な保険とか作ればいいのに!入院セットを保険会社に預けておいて、連絡したら24時間以内に届けてくれて、事務的な手続きもやってくれるとかよくない!?オプションで入院中に必要な雑事もやってくれるの!"

Twitter / santero30 (via netinago99)

交通事故とかも同じ. 手間暇もしゃれにならない.

(via bgnori)

同意。

(via wdbrkbrmghm)

(via ultramarine)

">なんで日本だけが南極にまでしゃしゃりでる必要がある。

将来、南極で経済活動を行う際の既得権になるからだよ。

なぜオーストラリアはアイスランドの捕鯨とかには文句を付けずに
日本の捕鯨にだけ文句をつけるのか考えたことある?

それは日本が捕鯨を行っているからではなく
南極の支配権を狙っているオーストラリアにとって
南極で経済活動を行っている日本が目障りだからだよ。

つまりこれは捕鯨をめぐる戦いではなく
南極の資源をめぐる戦いってこと。"

【国際】ICJ、日本の調査捕鯨の中止命じる 日本政府代表「判決に従う」★4 (via joodle)

(Source: taisukeorg, via ultramarine)

"実験は東京都目黒区にある機構で行われている。炭素と鉄を含んだ鋼材の丸棒(直径1センチ、長さ5センチ)を電気炉で400度に熱し、約2.4トンの力で引っ張る。これまでのデータから、政府の火力発電所の設計基準が改定され、微量金属の混合で寿命が約1000倍に延びることが判明した。  実験が始まったのは69年6月、米アポロ11号が「月の石」を持ち帰る1カ月前。高度成長期で建設ラッシュにわいたが、国産の鋼材はデータ不足で、欧米製が使われた。前身の金属材料技術研究所は遅れを挽回しようと着手。炉の交換による中断などを除き、停電でも自家発電で続けた。世界で30万時間超の実験例18件のうち、破断などで中止された10件を除く全8件がここで続く。"

世界最長実験:40年間、鋼材引っ張り 27日に達成へ - 毎日jp(毎日新聞)

この施設が仕分けされてることに、民主党のセンスの無さが伺える。

(via tatsukii)

(via ultramarine)

" フィナンシャルタイムズは、中国の軍事的な危険性を、パンダに浮かれる日本人のように暢気に見ているわけでもない。


Taiwan remains a potential flashpoint. If China were to slip into economic crisis, some military hotheads might be tempted to invade.

台湾は依然、潜在的な軍事問題の着火点の状態にある。中国が経済危機の中に陥ったなら、中国の軍部には、台湾侵略を望む誘惑にかられる者も出てくるだろう。


 さらりと述べているが、中国経済の破綻が中国軍部の暴走の引き金になると見るは、日本では禁句かもしれないが国際的な常識と言っていいだろう。"

台湾陸軍少将が中国のスパイだった話の雑感: 極東ブログ (via jinon)

(via ultramarine)

*10

"「お前が辞めたら誰がお前の代わりをやんの?教えてよ、お前の仕事を代わりにできるやつ」「せめて2ヶ月、いや半年、なんなら1年待って」「お前が辞めるんだったら許してないミスあるんだよ?」などと言われましたが「代わりを見つけるのがあなたの仕事ですね」と言って辞めたので、みんなも辞めよう"

Twitter / iszuu (via gearmann)

米国で管理職を何年かやっているけど、職種や状況にもよるが1年間で大体10人に1人か2人くらいは辞めるので、人が抜けても即座に仕事が止まらないプロセスや稼働配分を考え、採用・育成してチームビルドをし直すのは通常業務の一環だし(もちろん楽とはいえないが)、まあ何年か仕事を進めていくと必要なスキルセットも変化していくから外から人を定期的に入れざるを得ないのも悪いことばかりではない。ちなみに米国企業だと普通は現場管理職に採用(と解雇)権がある(人事部は事務的な整理をサポートしてくれる部門)。

日本で管理職をやっている人にはそういう意識はないのかしら。

(via yoosee)

(via ultramarine)